人間のありよう「認知」システムを学ぶ


 

【対象者】自分を含め、本来の人間の「ありようについて自分の身をもって遊び、楽しみながら、楽になってしまうことを学んでみたい人

 

【目的】自分自身の本来の人間の能力を知り、発揮し、未来を拓いてしまうようになる。
その結果として、意欲も元気も湧き、人生も身体も健康にもなる。自信の回復と自尊感情が湧くようになる。

 

【目標】「認知」システムについて学び、新たな「認知」を選択する ①から②へのシフト

 


 

  • 狭くても広くてもまだらでも、認知している事がその人の現実。     認知症と言われようが言われまいが。
  • ゆえに、認知が変われば自分も、世界も変わる。              世界の中心は自分。
  • 人の認知は人のもの、自分の認知は自分のもの、変えられる認知は自分の認知。 全原因自己。 
  • 認知して、初めて行動あり
  • 不適切な認知から不適切な行動が (①)
  • 適切な認知から適切な行動が (②)

 

  • 知識を得る(知)と身体で実現する(行)とは別次元
  • 知行合一を目指すのが楽習であり、①から②への切り替えトレーニングであり、②の適正認知の循環トレーニングである。
  • 人に達した達人とは、②が常態の人。

    認知無くして、行動無しで、その応用としては色々と遊べます。
  • 認知の不協和 も あるが、さらに知らないとビックリする現象が起こる。
  • 知覚遮断 【1】
  • 認知不成立【2】
    等もあり、上記だけでも色々遊べますが、
    現在認知と目標・目的認知の知覚2ラインからさらにはシフト2ライン、プラス2ラインへとどこまで広がり、深まるのか?
    基本と言えば基本だが、基本なだけに奥は深く、学べば学ぶ程、人間の不思議さ、面白さが湧いてくる。
  • 認地無くして認知無し
  • 地に問い、地に答えて貰う
  • 天に昇り、地に深まり、人に広がる

塾長 福井和彦

医療法人 秀峰会 認知症ディケア 診療所 佳境 院長
    同    精神科救急病院(スーパー救急)北辰 もの忘れ外来 月曜日、水曜日午後 担当

・1982.03.03. 医師免許取得 
・1989.07.07 医学博士号取得
・1994.09.04 和真クリニック開院
・2006.05.  医療法人 秀峰会 勤務開始
・2011.01.27 精神保健指定医
・2014.05.16 社会福祉法人 つぐみ共生会 くらしセンターべしみ 嘱託医
・2015.07.25  たくみの会フルスペックライセンシー
・2016.07.31  認知症サポート医 埼玉県越谷市で初期集中支援チーム他活動開始
・2017.07.30  たくみの会体感フィジカルトレーナーメソッドライセンシー (タファー)
・2018.10.31 和真クリニック閉院
・2018.11.01 和真認知楽習塾 開塾
・2018.11.11 埼玉県難病指定医取得予定